長らく仮HPでしたが、新ホームページを年末に
http://ito-womens-clinic.com/ アップしました。
ご活用ください。2015年はさらに充実させていきます。

2014年は私にとって激動の年でした。
新しいクリニックの開業から7ヶ月、旧知の患者さん、
初対面の患者さん、たくさんの方とお会いしました。
クリニックゆえに患者さんと身近にお話できる新鮮な喜びも
知ることができました。

皆さんのご支援に感謝致します。
今年もどうかよろしくお願いを申し上げます。













[PR]
# by ito-womens-clinic | 2015-01-01 00:00 | 診察時間と予約方法

 三条高倉の街中に「いとう女性クリニック」を開業して3か月が経った。
この25年間、前伊藤病院では腹腔鏡下手術を通じて1500人を越えるの方々と
お付き合いしながら過してきたので、手術施設を持たない小さなクリニックでの
開業に不安があったが、最近、子宮内膜症、子宮筋腫で悩んでいる方の
クリニック受診(新患)が増えてきた。
街中のテナントビルの”隠れ診療所”を見つけだす患者さんの鋭い嗅覚には恐れ入る。
ありがたいことだ。

伊藤病院では、十分な診察時間がとれなかったが、
今は1人ひとりの患者さんと長時間話し込んでしまうこともある。
新しい患者さんは「街中ですがここだけ異次元で妙に落ち着きますね」、
旧知の患者さんは「どこにいても伊藤先生の匂いがしますね!」と。

(・・・加齢臭か? それとも、さっき診察室で幕の内弁当をつまんだが、その臭いか?)

ん? 真面目に戻って・・・。

私が腹腔鏡下手術を始めて4半世紀。単に何千人の手術したかという実績ではない。
手術数で言えば私より多くの手術数を経験した医師は少なからずおられる。
私の財産は、単なる周術期(術前、手術、術後)のみならず、患者さんの人生をともに
拝見してきたことにある。

開業医ゆえにできたことだが、その年月と人数ではおそらく日本では右に出る術者は多くはない。

皆さんに多くのことを教えていただいたことに感謝である。







[PR]
# by ito-womens-clinic | 2014-08-30 15:39 | 子宮内膜症・子宮筋腫などの相談受付

いとう女性クリニックは、三条高倉、京都文化博物館の東隣に立つDuce Mix ビルの3階にある。

しかし、Duce Mix ビルの入口がわかりにくく、「ここかな?」と思っても、一瞬入館をためらってしまう隠れ家的なところがあるようだ。
 一旦、受診すると、この隠れ家クリニックは居心地よいらしいが。

そこで、入口の写真を掲載する(Google)

f0324238_14250330.png












向かって左がPAULの入口、向かって右の黄緑のガラス絵のところから
館内に入っていただければよい。
奥にライトが点灯しており、その右手に階段とエレベータがある。
3階がクリニックだ。



[PR]
# by ito-womens-clinic | 2014-08-03 14:42

子宮内膜症や筋腫でお悩みの方の質問を受け付けます。
コメントに書き込んでください。

だんだんと子宮内膜症でお困りの患者さんが、
私の居場所に気付かれて、受診されるケースが増えてきた。
お困りの方には、十分な時間をとってご相談に応じていますので
お問い合わせください。




[PR]
# by ito-womens-clinic | 2014-08-01 18:44 | ご質問を受付ます

WEBで、「産婦人科・日曜・京都」と検索すると、それらしい医院がいっぱい出てくる。
ところが、それぞれをクリックすると「日曜は休診」のところばっかり。
検索ワードがあるわけでもなく・・・何故かわからん。

ところが、日曜に当院を受診された患者さんに言わせると、
スマホで「いとう女性クリニック」がわかったらしい。
彼女たちの検索力には脱帽。

そこで、検索にひっかかりやすいように、本タイトルのブログ記事を投稿した。
京都三条高倉というハイテンションな土地柄なので、土曜日夜、日曜朝昼の診療をしている。










[PR]
# by ito-womens-clinic | 2014-07-16 21:31 | 診察時間と予約方法